EDとは?

現代において決して珍しい病気で無くなったED(勃起障害)ですが、ここではまずはその定義そのものをみていきたいと思います。

EDとは「満足な性交渉をするために十分な勃起を達成できない、あるいは維持できない状態」あるいは「通常性交のチャンスの75%以上で性交ができない状態」(日本性機能学会の定義)とされています。

上の定義では非常に範囲が広く、どこまでがED(勃起障害)を指すのか、明確ではありません。

例えば、10回の性交渉で10回とも全く勃起ができない状態であれば、EDで間違いないと思います。では、3回に1回ではどうでしょうか。上の定義上では当てはまりませんが、私自身の経験では3回に1回でもかなり性交渉の際、不安でした。

また、性交渉の途中に勃起を維持できなくなるケースが続く場合もEDの可能性があります。

程度の差はありますが、自分が性交渉に悩みを感じるようになることが多くなった時はEDの可能性を疑ってみる必要があるでしょう。

しかし、いわゆる心因性が原因の「機能性勃起障害」の場合、心的ストレスや疲労などが原因の場合もあります。そういった場合は一時的に十分な勃起を得られないケースもありますので、「最近ちょっと…」という時に、早急に自分の事をED(勃起障害)と決め付けることは賢明な判断とは言えません。

また、詳しくは私のED克服体験記をお読み頂ければ分かりますが、上の「機能性勃起障害」の原因でもある様々な心的ストレスや疲労を長期間に渡って蓄積しますと私のように深刻なED(勃起障害)に発展する可能性もありますので、注意が必要です。

※補足 インポテンツとED(勃起障害)は違います。インポテンツは「性的不能」のことを指してEDとは区別され、最近ではヨーロッパやアメリカを中心に使用を控える風潮があります。また、EDは大変神経質な病気です。患って悩んでいる人は風邪をひいたように人前では自分の事を、EDとは公言しにくいものです。そういった意味でも、EDに悩んでいる人のことに配慮して、できるだけインポテンツという言葉は慎重に使用した方がいいと思います。

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ

    11位.ED治療薬シアリス通販

    12位.勃起不全(ED)レビトラ通販

    13位.勃起不全(ED)バイアグラ販売

更新情報

    2017.5.13「イミダペプチド」を実体験をもとにレビュー(日本予防医薬)

    2017.2.3疲れが取れない・・元気がない・・オトコのための疲れを取る方法

    2016.10.28オリーブオイルが勃起不全を改善する可能性と期待できる効果のまとめ